毎月のクレジットカードの利用

皆さんは毎月のクレジットカードの利用額はどのようにして管理していますか?特にカードを複数枚所持している方は管理が大変ですよね。
プライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告をする時に利用履歴や明細をまとめる必要があります。
これはETCカードでも同様の確認が必要です。
クレカでは1枚につき各カード会社のHPで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という1つのサイトでまとめて過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。
出張などでレンタカーでETC利用した明細が必要ならば照会ができなくなってしまうこともあるので気をつけましょう。
高速道路の料金所で専用レーンを通過できて便利なETCカードですが少し不明な部分があります。
それはバイク用のETCもあるのかということです。
結果として言うとバイク用のETC車載機も販売されています。
調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになるなどスペースの制約がある「一体式」とカードリーダー部分とアンテナ部分を別々に設置できる「別体式」の2種類があるようです。
一体式のメリットとしては、配線が1箇所で済むことや取り付けが比較的楽な面がありますが、正常に動作させるためにハンドル周りに設置することになり操作性が少し下がってしまうことや盗まれやすいなどのデメリットもあります。
別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が2箇所になるデメリットがあります。
高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがその普及率はどうなっているのでしょうか。
NEXCO東日本の利用率調査によると平成30年3月に高速道路を走行した中の約90%の車で使われていたそうです。
ほとんどの方がETCを活用しているということです。
料金割引も東京湾アクアラインを例にするとETC利用で普通車料金が800円ですが一般レーンの利用料金では約3000円と大きく違います。
こういった話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。
気になるカードの申し込み方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加で発行、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に一緒にETCカードの申し込みができます。
大学進学や新社会人になるにあたって車の免許を取って友達と遠出をしたいと思っている方もいると思います。
免許取り立ての方の多くがETCカードを持っていないと思います。
ネット上でもどこで作れるの?といった質問も見受けます。
ここではETCカードの作り方につい書いていきます。
まず最初にETCカードは購入するものではありません。
ETCパーソナルカードという高速道路事業社が発行しているカードと一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社発行のカードの2種類があります。
もしクレカを持っていてETC対応の会社なら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくクレカを申し込み、同時にETCを申し込みしましょう。
高速道路を走る時に便利なETCカードですがカードの選択肢が多くて選びにくいですよね。
ここではおすすめのカードをいくつか挙げておきます。
発行手数料、年会費どちらも無料となっているのがライフカードです。
ライフカードではさらにポイント還元率が誕生付きの場合、通常の3倍になる特典や国際ブランドもVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できる点もいいですね。
2つ目に紹介するのは日本人なら誰もが知っている楽天カードです。
クレカは年会費無料ですがETCは年会費がかかります。
年会費を機にする方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率が高くエネオスなどで給油した時にもポイント還元が発生します。
ETCカードを挿入しっぱなしにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、急なトラブルに焦ってしまうと思いますが一呼吸置いてまず落ち着いてから各所へ連絡をしましょう。
仮に失くしたという場合でも警察へ届け出をしてください。
そのあとにどこに連絡するかはカードの発行元によって変わりNEXCOなどの高速道路事業会社が発行しているETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。
連絡できる時間が限られているので連絡する時間に気をつけてください。
クレカ会社発行の場合は発行元のクレカ会社への連絡になります。
カード会社によって停止・再発行までの違いはあると思いますが多くの場合は24時間受付可能のフリーダイヤルが用意されています。
車で遠くに出かけるときに便利なETCカードですが、取り扱っている会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。
カードごとにどんな違いがあるのでしょうか。
多くの人がチェックするのが年会費や更新費用の有無でしょう。
年会費については大きく分けて3つのタイプに分類され、年間の利用額を問わない年会費無料のタイプ、年に1回以上の使用で年会費無料になるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費有料のタイプがあります。
同様に更新費に関しても無料と有料のカードがあり、発行費が有料だったら更新費も有料、無料だったら更新費も無料になっていることが多いです。
高速道路の料金がレーンを通れば自動で引き落とされるETCですがネットを見ていたらこんな質問がありました。
「ETCカードで給油はできますか?」という質問です。
答えから言うと、基本的にはできません。
「基本的に」と書いた理由は、クレカ機能付きの一部カードを所持している場合は決済できるからです。
では、どこで申し込めばクレカ機能も付いた一体型のカードが発行されるのでしょう。
出光やコスモ石油をはじめとしたガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。
クレカ一体型は一枚で買い物やETC利用が完結するので管理が楽ですが高速道路を走っている途中でSAなどでクレカ決済をしようとすると毎回車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。