灯台下暗しって本当は暗くないですよね

灯台もと暗しの灯台とは。
海の灯台の 灯台下暗しとは灯台のすぐ下は暗いことから身近な事情はかえって分かりにくいと言う例えですがこの灯台とは海に向かって岬に建つ建物の灯台ではなく照明として昔家庭などで使われていた透明ダイヤ食材のことだそうです。
油を入れた皿を乗せて火を灯すので台の下の部分は照らされないためこのようなことわざが生まれました。
岬に立つ灯台でも違和感なくイメージできてしまうことや食材のような明かりを使う機会が現在では少なくなったため誤解しやすくなってしまいました。
美味しそうに見せる味噌汁の作り方。
雑誌や食品の CM にはいかにも美味しそうな料理が登場します。
こうした料理をおいしそうに見せるのがフードスタイリストの仕事です。
例えば豆腐の味噌汁はすぐに豆腐が沈んでしまいますがフードスタイリストはお椀の底に生け花で使う剣山を置きそれに具を刺して固定します。
こうしてバランスよく具を配置して汁を注いでから撮影ということになります。
他にもクッキーに挟むクリームは照明の熱に耐えるハンドクリームを使うとかすぐ溶けてしまうアイスクリームはマッシュポテトと絵の具を混ぜるとかコーヒーゼリーのクリームには適度な広がりを持たせるために木工用ボンドを使うなどフードスタイリストは食べ物をより美味しく見せるため様々な技を駆使しているそうです。