20代後半に入ってから慌てて婚活

私の10代は平凡な生活でしたので、自分の母親みたいに20代前半で結婚して平凡な家庭を築いていければ良いなと思っていました。
そしてきっとそういう風になるんじゃないかと何となく想像していました。
ですが20代に入ってから色んな事があって、自分の人生について色々と考えるようになりました。
そして何となく20代の前半で結婚してしまうよりも、自分が好きなことをやって、自分の価値観をちゃんと確立してから、その価値観と合う男性と一緒に結婚生活をしたいと思うようになりました。
その方が幸せな結婚生活が出来るのではないかと思っていたのです。
そして私は自分がやりたいと思うことをチャレンジしてみたり、色んな経験を重ねました。
するとそんな中、私にプロポーズしてくれた男性もいました。
ですが私は彼と結婚する気になれなくて、彼とは別れました。
それから数年が経って、私は20代後半になって出来れば30歳までに結婚したいと思うようになりました。
ですので色んな婚活をやってみました。
なかでもこの結婚相談所は独特で面白かったです。
>>性癖の相性で結婚を探せる
あとは例えば友達にお願いして男性を紹介して貰ったり、合コンにも何度も参加してみました。
そして仲良くなれた男性は居たのですが、結婚には繋がりませんでした。
高校時代の友達も結婚願望があるのに相手が見つからないと言ってきたので、二人で地元の婚活パーティーに参加しようと情報を集めていた時期もあります。
でもタイミングが合わなくて婚活パーティーに参加したことはありませんでした。
そんな中、母親がお見合いの話を持ってきたので、もうそれしか方法はないかなと考えていました。
また結婚相談所に登録して良い人を紹介してもらうのも良いかもしれないと思って、いくつかの結婚相談所の情報を調べました。
そんな中、知り合いに頼まれてあるボランティア活動のお手伝いをやるようになったのですが、そのボランティア活動に参加していた男性と仲良くなって、彼と結婚しました。
出会いはどこにあるか分からないものだなと思いました。