50代でもメールレディ?意外な副業が人気です。

副業を探している人、やっている人、多いですよね。
先週も50代でメールレディを始めたという人と話したのですが、お小遣い稼ぎ程度の軽い気持ちで始めたら意外と稼げるし色々な男性と話すことで視野が広がって面白いので、友人にも勧めていると言っていました。
かくいう自分も副業をやっていました。
平日の昼間は正社員として勤務していて、定時退社ができる環境でしたので、夜の空いた時間にできる仕事を探していました。細かな作業やもくもくとこなすことが好きだったのではじめました。
タウンワークで検索して、本職の場所から徒歩15分以内、副業可能、シフト希望がだせる、週1からでもOKの副業を見つけることができました。
良かった点は缶バッチというものがどのように作られているのか実際に作業しながら知ることができました。
企業のノベルティ、キャラクターグッズ、ライブグッズなど様々なクライアントから依頼されたものを作ることがありました。
缶バッチが意外といろんな所に需要があると知り驚きました。
出来上がった商品がコンビニや小売店などで実際に販売されている所を見かけると自分が携わったものだとうれしく感じました。
また作業はビルのテナントの1室で行われていたため、限られたスペースを有効に使うため整理整頓が徹底されていました。
副業を3年ほど続けた結果、プライベートでも整理整頓する癖がついてとよもよい影響を受けました。
鞄の中や、部屋、冷蔵庫などラベリングして収納するようになりました。
この副業で悪かった点は、時給が最低賃金だったことです。作業は立ち仕事で常に手を動かしているため、仕事後は体力が消耗していましたが、その割にお給与は良くなかったです。
また、仕事がない時は急に休みになることがあったため、月によっては勤務日が減ったり、逆に夏や年末などイベントが立て込む多忙期は土曜出勤や残業もありました